2005年11月22日

たこ焼き

taco.JPG 昨晩うちでたこ焼きを作りました。整理していたら古いたこ焼き器を発見したので、従姉妹の手を借りて試しにやってみたのです。お互い素人なのでたこ焼きセットをスーパーで買ってきて、試行錯誤を繰り返しながらいろいろ作りました。
 生地は卵と粉と水を混ぜただけですが、粉の中には醤油や鰹節等も含まれていたようです。最初は水っぽい生地で大丈夫かな、とおもったり、具を入れたら生地が溢れそうになってドキドキしたり、なかなか難しかったのですが、最終的には表さっくり、中しっとりのあつあつたこ焼きくんができあがったのでした。実際には生地は溢れるくらいでないと中まで回り込まないし、溢れたものは反対側の半球を形成するのに必要だったり、実は合理的なのでした。
 中に入れた具ですが、たこはもちろんのこと、キャベツやネギ、天かす、チーズ、たらこ等を使用してもなかなかの出来具合。ただしたこが入っていないと何となく物足りないのでした。しかし、マーブルチョコだけは失敗だったよ>Cちゃん。

 さて、今回使用したたこ焼き器、見た目からして非常に年季が入っていました。鉄の鍋は一生ものだというのはよく聞きますが、たこ焼き器もおなじ鉄製の調理器具ということで、同じように長持ちするものなのでしょうか。最近よくあるテフロン加工等の付加価値を与えられない、純粋に鉄板に窪みをつけただけの飾り気の全くないものですが、カセットコンロ程度の火力で十分に焼けるだけの熱量を蓄積できる優れたやつでしたよ。

 ちなみに、バックに写っているソースは広島でしか?入手できない「カープソース」。ふつうのお好みソースよりちょっと辛口の私の一番好きなソースです。
posted by yastd at 22:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいと手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。