2012年06月15日

亀山八幡宮

240615 亀山八幡宮.JPG

 神社に伝わる由緒によれば、天武天皇白鳳4年に神託により宇佐神宮から分霊を迎えたのが始まりという。明治時代以降に軍港佐世保の鎮守神として海軍将兵の信仰を集めたが、1945年6月29日未明の佐世保空襲で社殿を焼失した。現在の社殿は戦後の1964年に再建されたもので鉄筋コンクリート製。

主祭神
応神天皇
仲哀天皇
神功皇后
仁徳天皇
保食神

posted by yastd at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 朱印巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279642953

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。