2005年06月04日

PERTSOVKA

pertsovkaペルツォフカ

 ラベルをみると一目瞭然ですが、唐辛子をつけ込んだウォッカです。数年前にゲテモノ酒として友人が持ち込んだことで知りました。たしかにストレートで飲むと咽が焼けるような辛さというか刺激があります。かつては、ウクライナの特産酒として知られており、ピリッとひきしまった風味と、コクのある切れ味で「ウクライナの剣」と呼ばれ親しまれていたそうです。

 最初に飲んだときはただビックリするだけでしたが、慣れると病みつきになるというか酒に対する感性を大きく変えた一品でした。そのときもらった瓶を開けてしまってからは店で見かけることもなく、残念に思っていたら、実は製造中止になっていたとか。しかもプレミアもついているそうです。自分で買ったわけではないのですが、もったいない!
posted by yastd at 11:19| 広島 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旨い酒と旨い飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
本当に癖になる味ですよね。
コレからも好きなウォッカの事を書いていくつもりです。よろしくお願いします。
Posted by mine at 2005年06月04日 20:53
小難しい話は、よくわからないけど、うまい酒の話なら・・・(^o^)v
Posted by まぁなぁぶぅ〜(byてのひら) at 2005年06月05日 14:48
早く転勤したい・・・(ToT)
Posted by まぁなぁぶぅ〜(byてのひら) at 2005年06月11日 16:50
おつかれさまでした>405のみなさん。

セムが嘆きのメールをくれたよ。確かに転勤したくなるよなー
Posted by あろんあるふぁ at 2005年06月11日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4121735

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。