2006年12月10日

試験試験試験

外を見ると、久々に晴れ上がったよい天気。

しか〜ししかし、わたくしには試験が迫っている。

つ〜ことで勉強中です。

今回こそ合格しなければ、とは思っているのですが・・・





わからん。
posted by yastd at 16:17| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

こともなし?

最近職場で事件が続いておりまして、明日は上層部から調査がありまする。
原因は明確で、ある特定の権限を持った人間が一人で反対方向に突っ走っているからなのですが、上層部の受けはよいらしく、悪いほう、悪いほうへと事実は積み重なっていくばかり。最近お日様を見ていません・・・
でも残業代は出ないんだよね。と、愚痴を続けてしまいましてもうしわけござりませぬ。
posted by yastd at 23:58| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

てつのくじら館

CIMG0237.JPG
近所の新名物、「てつのくじら」さんです。
9月末に陸に打ち上げられ(吊り下げられてましたが)
博物館にされてしまったのです。

しかしまぁ、きれいに光り輝いています。
自衛隊の資材置き場にいたときはもっとくすんだ感じでした。
こんなに目立ってちゃ、海の忍者なんていえない・・・
posted by yastd at 22:45| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

久々に街へ

最近毎日午前様です。職場に一日18時間…
出勤するときもまだ暗いから、あんまり日光に当たっていない日々。残業手当のない職場、時給換算したくないなぁ。
あしたもしごと
posted by yastd at 19:23| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

えらく日が開きましたが

前回は年度末、今回は年末が見えてきたこの時期。
いままで何をしていたのか、一言では言い表せませぬが、
世界平和に貢献していた、とだけ言っておきます。

てなわけで、これから更新できるかな?
posted by yastd at 22:39| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

なんとなく・・・

職場の先輩に連れられて、コナミスポーツクラブに入会してしまいました。しばらく神戸にいるため、期間限定で(入会時に退会届を書くというちょっと反則?な技で)一ヶ月半の間お世話になる予定。
そこでいろいろと測定をしてもらったわけですが、いやいや普段の運動不足が如実に表れております。標準体重+13kgだってさ。内臓脂肪も多いらしいし。筋肉量は平均以上にもかかわらず、基礎代謝が(年齢の割に)低い謎の体質みたいです。いや、ただのなまけものです。
仕事のためにまともに運動できなかったストレス発散のためにも、がんばっておかねばなりませんね。23時まで営業しているので遅くなっても安心・・・ってかいつも21時頃まで働いてるのがなんだかなぁ
仕事後の一杯ではなく、一汗、をモットーに、がんばるぞい。
posted by yastd at 23:40| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

誕生日でした。

27才になってしまった。出張中の神戸、祝日であるがために一人寂しく迎える誕生日・・・の予定でしたが。
彼女の人が神戸まで来てくれました(*^_^*)
前日になって突然、仕事が休めるからくる、ということになりまして、折角なので泊まるところを奮発しました。
一泊5まんえんなり。@ホテルニューオータニ
オリエンタルホテルの海側のセミスイートとか、手の届く範囲でありながら豪勢なところは他にもあったけれども、今日の出勤を考えると、徒歩3分のところで妥協。
部屋は広く、夜景も素晴らしく、最高の夜でした、と言っておきます。
posted by yastd at 23:28| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

たこ焼き

taco.JPG 昨晩うちでたこ焼きを作りました。整理していたら古いたこ焼き器を発見したので、従姉妹の手を借りて試しにやってみたのです。お互い素人なのでたこ焼きセットをスーパーで買ってきて、試行錯誤を繰り返しながらいろいろ作りました。
 生地は卵と粉と水を混ぜただけですが、粉の中には醤油や鰹節等も含まれていたようです。最初は水っぽい生地で大丈夫かな、とおもったり、具を入れたら生地が溢れそうになってドキドキしたり、なかなか難しかったのですが、最終的には表さっくり、中しっとりのあつあつたこ焼きくんができあがったのでした。実際には生地は溢れるくらいでないと中まで回り込まないし、溢れたものは反対側の半球を形成するのに必要だったり、実は合理的なのでした。
 中に入れた具ですが、たこはもちろんのこと、キャベツやネギ、天かす、チーズ、たらこ等を使用してもなかなかの出来具合。ただしたこが入っていないと何となく物足りないのでした。しかし、マーブルチョコだけは失敗だったよ>Cちゃん。

 さて、今回使用したたこ焼き器、見た目からして非常に年季が入っていました。鉄の鍋は一生ものだというのはよく聞きますが、たこ焼き器もおなじ鉄製の調理器具ということで、同じように長持ちするものなのでしょうか。最近よくあるテフロン加工等の付加価値を与えられない、純粋に鉄板に窪みをつけただけの飾り気の全くないものですが、カセットコンロ程度の火力で十分に焼けるだけの熱量を蓄積できる優れたやつでしたよ。

 ちなみに、バックに写っているソースは広島でしか?入手できない「カープソース」。ふつうのお好みソースよりちょっと辛口の私の一番好きなソースです。
posted by yastd at 22:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいと手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

原寸大「大和」

1番副砲塔下から 予告通り、大和の話。尾道で公開中の「男たちの大和」のセットに行ってきました。このブログの初期に撮影中に見に行った件を書きましたが、今回は中に入れるということでちょっと楽しみにしてましたよ。で。ある秋の日曜日に行ったのですが、ものすごい人出でした。造船所の門からセットのある船台までシャトルバスで移動するのですが、それを待つ列の長いこと!1時間待ちで入ったのですが、帰りにみたときはもっと増えていました。

 さて、そうやって入った大和ですが、やっぱりでかい。舷門をあがった瞬間から広さに圧倒されます(下左)。あれだけ人が乗っても全く混雑している雰囲気がないのが印象的です。前甲板を艦首までぐるりと回って右舷を中部に向かうと、副砲塔の下を通って左舷に戻るのですが、砲塔の大きさもなかなかのものです。46センチ砲はもちろん世界最大なのですが、この副砲も現代では最大クラスの艦砲であり、舷側に並ぶ高角砲サイズになってやっと普通に使用される砲となります。いまの艦はその5インチ砲を1門ないし2門搭載するのが西側の主流ですが大和は24門も搭載しているのです。発射精度や連射速力が全く違うので性能の比較はできませんが、迫力だけは完全に大和の勝利でしょう。撮影終了後であるため、最後の戦闘シーンのために壊された部分がそのままになっていたりするのですが、それがまた迫力を生んでいます。この中部甲板部分は多少狭くなっていて右にも左にも機関銃や高角砲がおいてあるので、広さだけでなく戦闘艦としての厳しさも感じ取ることができます。

 ひとつ残念なのは艦橋の高さに上がれなかったこと。司令塔部分までしか再現されていないので防空指揮所の高さに上るのは不可能ですが、司令塔直上に足場でも組めば艦長気分が少しは味わえたのではないでしょうか。

 ぐるりとまわって艦を降りると、おみやげコーナーがあります。そっちははっきり言ってつまんなかった。いろんなまんじゅうが大和にちなむ、というわけか砲弾やら海軍に引っかけていたのがちょっと笑いを誘ったくらい。一応映画のポスターを買って帰りました。横長の、大和の写真が全面に印刷されている特大ポスターです。これだけはおみやげコーナーに感謝。

 とまあつらつらと書き連ねましたが、本物の迫力を再現したこの大和、やはり木造のセットのため痛みが激しくて保存は困難なようです。早めに見に行くことをおすすめします。


大和の上甲板大和全景
posted by yastd at 19:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

新江ノ島水族館(日本周航記2)

新・江ノ島水族館先日の続き、今度は関東に行ったときの話。

 現地在住の友人と新江ノ島水族館に行ってきました。あの「みなぞう」が死ぬ1週間くらい前のことです。入り口を入ると、いきなり巨大な水槽があり、スロープを下りながらこの「相模湾大水槽」を上から順に見ていきます。そして最下層に到着し、水槽上部を見上げるとまるで海底に降り立ったかのような錯覚に。目の前の相模湾を模しているということで、鰯や鯖といった普通の魚もたくさんいるのですが、8000匹といわれる鰯の群れは圧巻!群れの模様というか形の移り変わりは、みていて飽きないですね。ず〜〜〜っとみてました。写真はダイバーに群がる鰯の群れ。あっという間に見えなくなるまで取り囲まれてしまいました(笑)

 もうひとつの注目はクラゲのコーナー。ミズクラゲだけでなくアカクラゲやデンキクラゲなど、いままでかまれたことのあるクラゲたちがふよふよ。成体だけでなくポリプやエフィラなども展示してあっておもしろかったです。あ、ミズクラゲが普通の白くて丸いやつ、アカクラゲは赤い縞模様のある毒々しいやつ、デンキクラゲが立方体に4本足が生えているようなやつです。どれも盆明けの海水浴場ではおなじみ。沖合まで泳ぐと7月でも遭遇できます。

 さて、江ノ島水族館といえば日本で初めてイルカショーを始めたことで有名ですが、いまでもなかなか見応えのあるイルカショーを楽しめます。前半分の席はしぶきがかかるくらいの迫力で、クジラまでジャンプしてくれるのでもうすごいとしかいいようがない。イルカの代わりにトレーナーが宙を舞ったり、10頭ものイルカが同時に宙返りをしたり、結構なものでしたよ。

 最近はテーマパークが不振ですが、逆に博物館系というか、なにかのテーマをもって何度でも来たくなるような、そういったアミューズメントが流行っているようです。うちの近所にも大和ミュージアムができて、あっという間(177日目)に100万人を突破したというから、驚くばかり。若者だけでなく、定年後の方々がバスを連ねてやってくるのがやはり効いているのでしょう。というわけで?次は大和の話。


posted by yastd at 16:59| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。